お客様がヘッドスパを受けてくれない!どうする?

ヘッドスパ

理容室やバーバーでヘッドスパをを提供するお店が増えてきましたね。

私も理容室を利用しているので、髪を切る時は必ずヘッドスパを受けます。

炭酸系のヘッドスパが多いですが、それ以外にもお店独自にヘッドスパを開発して提供しているところも多いです。

力を入れてメニューを作っていると思いますが、それなのにお客様がなかなか受けてくれない!

私個人としてはヘッドスパはめちゃくちゃ有用だと感じているので毎回受けますが、そうではない人が多いのが現実。

ではどうしたらお客様にヘッドスパを受けてもらえるのでしょうか?

今回は理容室・バーバーのお客様にヘッドスパを受けてもらうための考え方・施策についてお話します。

男性の特性を理解しよう

理容室・バーバーのお客様の大部分が男性です。なので男性の特性について知っておくことが、ヘッドスパに代表される新メニューをお客様に受けていただくヒントになります。

男性は次の2つの特性を持つ人が多いです。

・理屈が好き
提供するメニューで「なぜそのような効果があるのか」「どのように髪や頭皮が変化していくのか」を理屈でしっかりと説明し、それで納得するとずっとそのメニューを受け続ける人が多いです。

なので理屈でしっかりと説明することが重要です。

・効果を実感するとファンになる

そのメニューで効果を実感すると、ファンになり、それからずっとそのメニューを受け続けます。とても義理堅い特性を持っている人が多いです。

この2つが多くの男性が持っている特性です。ヘッドスパを受けてもらうために、この2つの特性を考えた情報提供がとても重要です。

施策①メリットを理屈で説明する


最も重要なことは、ヘッドスパのメリットや効果を理屈で説明すること、もしくはわかりやすく説明するツールを作成することです。

例えば炭酸ヘッドスパを勧めたいなら、次のような情報を伝えることが必要になります。

・どんな悩みに有効なのか
・なぜその悩みに有効なのか
・継続して受け続けるとどうなるのか

少なくともこの3つは必要です。

では実際にこの3つを元に説明文を書いてみると・・・

【こんなお悩みありませんか?】

年々髪が弱くなっているのを感じる
抜け毛が増えていて不安でしょうがない
加齢臭を子供に指摘されるようになった
出来ればずっと髪の毛を維持したい

ご安心ください。あなたのこんなお悩みを解消するのが
当店の炭酸ヘッドスパです!

【なぜ炭酸ヘッドスパスゴイのか?】

メリット①
頭皮の汚れを根こそぎ除去

毎日シャンプーしている人の頭皮でも、実は脂や整髪料が残っています。

そしてそういう余計なものが頭皮への髪の毛への栄養を運ぶのを妨げます。

だから頭皮をキレイにすることで髪の毛の元気を取り戻すことが出来ます

メリット②ニオイ解消!

男性のイヤなニオイは、先にお話した脂や整髪料の残りが影響しています。

頭皮の血流が悪くなって代謝が落ちていることで、イヤなニオイが出るようになってしまっています。

定期的に炭酸で頭皮をキレイにしていると、このようなニオイの元がなくなっていき、男性のニオイ問題も解消していきます

メリット③目で頭皮の汚れがわかる

炭酸で髪や頭皮を洗い流すと、水に白い汚れがクッキリと見えます。

「え、自分の頭こんなに汚れていたの!?」と驚くこと間違いなし。

普段は汚れをお見せすることはありませんが、もし「汚れを見てみたい」とスタッフに伝えてくれればお見せします。

もの汚れをみると、「頭皮キレイにしないと・・・」と実感できると思います。

これ以上書くと長くなってしまうのでこれぐらいに留めておきますが、この内容を口頭で説明できたり、紙1枚にわかりやすくまとめてお客様に情報を伝えましょう。

施策②1回無料で提供する


男性は一度ファンになってくれるとトコトン付き合ってくれますが、逆に疑い深いので、なかなか新しい施術を受けてくれません。

なので1回無料のクーポンなどを使って、まずは受けてもらえる仕組みにすることで、効果を実感してもらうことも1つの選択肢です。

もしくは少なくとも3回は受けて欲しいと思っているなら、ヘッドスパ3回クーポンなどを使って、3回受けてもらって確実に効果を実感し、受けないと落ち着かない状態にお客様を誘導する施策もあります。

受けてもらうことで効果を実感しやすいのがヘッドスパなので、まずは1回必ず受けてもらえる施策を用意してみましょう。

この無料は投資です。きちんと効果を実感してもらえると、この無料の1回分が将来の顧客単価増につながります。

施策③口頭説明練習

理屈で説明することが重要だとお話しましたが、それを口頭で説明するのは結構難しいです。

どういう口調で説明するのが良いのか、どのタイミングで説明するのが良いのか、どの説明がお客様の感情を揺さぶるか etc 口頭説明を練習することで、お客様に「一度受けてみようかな」という気持ちにすることが出来ます。

しゃべる事・説明することには「技術」が必要です。

専門学校で何度もカットの練習をしたでしょう。シェービングの練習をしたでしょう。それと同じことがしゃべる事・説明することにも必要なんです。

お店としてそのマニュアル・ノウハウを作っておくことで、どのスタッフでも再現しやすくなります。

スタッフに口頭説明の練習をさせる、もしくはそういったセミナーを受けてもらうことでヘッドスパを受けていただけます。

またヘッドスパだけでなく、他のメニューも受けてもらいやすくなるので一石二鳥でしょう。

まとめ

ヘッドスパをお客様に受けてもらうためには、理屈で説明したり、まずは無料クーポンなどで1度受けてもらう。

男性は効果を実感してそのメニューのファンになると、ずっと受け続けてくれる人が多いので、理屈で納得させ、無料で受けてもらい体で体感してもらうことが重要。

理容室やバーバーでのヘッドスパは、もっともっと男性に受けてもらうべきメニューだと思います。

ただ受けてもらうための施策や努力がちょっと足りないかな、というのが多く様々な理容室・バーバーを見ている私の実感です。

めちゃくちゃ良いメニューなんですから、自信をもっともっと薦めていきましょう。

薦める時のコツが今回のお話です。ぜひ参考にして、ヘッドスパを広めて、顧客単価アップを狙っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました