理容室・バーバーで効果の高い3種類の集客方法+1

集客一般

理容室やバーバーというのはお客様の定着が不安定なので、常に新規客の集客を行わなければいけません。

しかしスタッフの雇用・育成、物販などの経費もあるので、できれば新規集客のコストを下げたいというのが本音でしょう。

色々な宣伝集客方法を試してみたい、しかしなるべく失敗したくない理容室・バーバーの経営者さんのために、ここでは店舗集客集団WAOが今まで行ってきた宣伝集客法の中で、成功する確率の高い方法をご紹介します。

集客方法①ホームページ集客


まずこのブログで色々な記事で説明をさせていただきましたが、理容室・バーバーはホームページを作成して集客することが非常に有効です。

作り込んだコンテンツにして、有効な検索キーワードで上位表示させる。それだけで、地域によっては、ホームページだけで月に50人集客することも夢ではありません。(あくまで地域によっては、です)

また作り込んだホームページを持つことは、それ単独での集客だけでなく、他の宣伝集客法と連携することで、その効果を高めることが出来ます。

チラシを撒くにしても、チラシ→ホームページに誘導することで、チラシの反応率を上げることが出来ます。

ポータルサイトやクチコミサイトの有料プランを利用する時も、ホームページを持つことで、集客反応が上がります。

ホームページ集客は、今や理容室・バーバーにとって、基盤となる集客法だと言えるでしょう。

集客方法②チラシ集客

チラシの効果が落ちたので費用対効果が低くなっているとは言われていますが、理容室やバーバーは他の業種と比べてまだ反応率は高いです。

また先にお話したように、ホームページと連携させることで反応率を上げることが出来ます。

単なるメニュー料金や住所・電話番号だけのようなチラシではなく、「お客様のどんな悩みを解決できるのか」「他店と何が違うのか?」「各メニューごとにどんな特徴があるのか」などをチラシでも紹介することで、お店への訴求力を上げて、ホームページに誘導しやすくなります。

チラシとホームページを組み合わせると、変動はありますがチラシの反応を0.1%~05%ぐらいは期待できるでしょう

1万枚撒いて最大50名の集客です。かなりのものですよね。

集客方法③クチコミサイト・ポータルサイト

クチコミサイトやポータルサイトの中では、反応率の高いサイトもあります。

それは「ホットペッパービューティー」と「エキテン」です。この2つは、上手く運用することで集客成功率を高めることが出来ます。

ホットペッパー・エキテン共にクチコミを投稿する機能があるので、クチコミを集めることで集客に成功しやすくなります。

地域によっては、そのサイトで月に30名集客できることもあります。

ただホットペッパービューティーの掲載料は比較的高額なので、利用するのであれば本気で運用していくことが良いと思います。

番外編:SNSは理容室・バーバーに有効な集客方法か?


以上3つの集客方法は、成功率の高い・反応率の高い集客方法なので、理容室・バーバーにはぜひ利用して欲しいと思います。

では最近では生活に浸透したSNS(ソーシャルネットワーキングシステム)はどうでしょうか?集客に有効なのでしょうか?

集客コンサルタントなどが「SNS利用は集客に必須だ!」と声高に叫んでいるのですが、当社ではそうは思いません。

SNSはいくつか種類があり、それぞれターゲットや運用方法が違うので、一言で「SNSで集客できる」なんていうことはできません。

またある特定のSNS(インスタグラムとツイッター)は理容室・バーバーの集客につながる可能性はありますが、その運用方法にはコミュニケーションセンスが必要となります。

このコミュニケーションセンスのある人が運用することで、ほぼ費用をかけずに大きく集客出来ることもありますが、逆にセンスがないとまったく集客につながりません。

つまりSNSの集客はギャンブル度が高いということです。

ちなみにフェイスブックは集客につながりません。

なのでSNSを利用しても良いですが、そこのリソースをつぎ込む前に、すでに紹介した3つの集客方法を確実に行っていくことをおススメします。

まとめ

①ホームページ集客
②チラシ集客
③クチコミサイト・ポータルサイト集客

この3つの集客方法は、理容室・バーバーの宣伝方法としては成功率が高く、組み合わせることで集客数の底上げにもつながります。

SNSは物によっては集客に繋がりますが、コミュニケーションセンスが必要でマニュアル化は難しいので、自信のあるお店・余裕のあるお店が試していくのが良いでしょう。

まずは集客の基本に忠実に宣伝を行っていくのが良いと思います。

SNSの使い方についてはまた別の記事でご紹介しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました